にんにくを使わなくても美味しい料理。

こちらが働いていた保育地域では狭苦しい赤ん坊への統制から、献立にスパイシーものは使用していなかったように思います。
にんにくは使わず、しょうがでほとんど代用してたように思います。その他にも、代用やれるクセとして、ねぎ、玉ねぎなどがあります。
スパイシーメニューを使わない代わりに、みつばなどの香味野菜はジャンジャン使用していました。ゆずやレモンでアロマを置きたり工夫していました。
赤ん坊が食べやすいように、メニューは小さく切って、ソフトめに仕上げます。フレーバーもなるべく薄フレーバーだったように思います。
炊事師くんのパーソナリティーで、保育園ではお客様美味しそうに食べていました。

塩気麹やヨーグルト、梅肉や、今流行の塩気レモンなどもダシが出て、何一つ美味しいものです。
米ぬかもアップがあってエラい薬味になります。

成人も、コンディションでにんにくが困難だったり、単に嫌いだったりやるほうがいるかもしれません。
そんな時も、にんにくを使わなくてもおいしく受け取れる処方箋はまだまだ沢山あるはずです。アイキララ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク