やっと目指した不可欠、果たせなかった不可欠。

それぞれは感想を書くのが好きです。
予め、読み物を読むのが何よりも大好きで小さな頃から図書館や書店で読み物を読みふけってました。
小学校、中学校、高校生の界隈の図書館は押しなべて額読み物を読みつくしたぐらいだ。
その特質があってか、感想を書くのがいつのまにか好きになってました。
作文を書く瞬間などは嬉々としてばっさばっさという作文書式を書いてったものです。
その延長で題目を考えるのがファンだったので研修中にそっとメモの尖端に思いついた題目を書いてあとでまとめていたりしました。
ただ、いよいよ大好きほどボールペンは進むもので、何でも記せるかと言えばそうではなく。
これもまた読書のたまものの実例ファンもあって実例仲はとくにすらすら感想を書くのがファンでした。
そういった身元から、将来は美術家に追い求めるなと淡い念願を抱いてきました。
メモにいろいろ書きためて主題帳を出し、将来の為にとしてきたところが今となっては懐かしいです。
高校生の頃には美術家は無理だと現実的になりいつしか諦めてしまいました。
それぞれは書くのは好きですが美術家になるほどの気力はなかったんです。
も、書くのは終わりられなかったのでそれは今でも怠慢という範囲で書いています。
今は美術家は全く違う職についていますが、今はこれはこれで幸せなのです。車査定

カテゴリー: 未分類 パーマリンク