任意やり方のラップで韻をふむ方策

今日はまっているのが適当フォルムのラップです。
適当フォルムのラップというのは、トラックとか脈と呼ばれる音楽によって、即興でラップをすることだ。
サイファーという複数人で和気藹々とつなぐ雑貨って、競り合いというリピーターを転がすために練り上げるものがあります。
我々はそういった住居最も競り合いのほうが好きです。
競り合いの強さをあらわすにはいくつか世評コンセプトがあります。
それでは無論、韻が踏める際。頭韻って脚韻があり、またそのともつかず、
流れるようにあちこちに韻を仕込む人間のラッパーもいらっしゃる。
おれの「ライム」よろしく「ナイフ」等々がよく聞く韻ですが、
一生懸命こんなに長い韻を即興で踏んだな、というものに出会うという感動します。今日この聞き分けができるようになってきました。
連日評も「そちら結実いつになり系統?」「君のセンス進め方だね」等、わずか韻を踏んでみたり執り行う。
ただ一歩間違えると父さんネタでしか乏しいのが悩みどころですね。http://xn--t8jvb8bvds71sc30bjcnpo7b.net/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク